予防歯科の基本を学ぼう

予防歯科とセルフケアの違いとは

セルフケアの場合には

幼いころから自分の歯をセルフケアしてきたし、今まで大きな問題も生じていなかったから、これからもこのセルフケアで問題ないだろう。
そう感じておられる方もいることでしょう。
確かにずっと自分なりにセルフケアを続け、不調なく過ごしてきたという方なら、自分のケアが正しいと思うかもしれません。
歯や歯茎は、今までのケアがこれから先の将来も正しいとはいえません。
歯や歯茎は加齢などによってもその状態を変化させていきます。
今はまだ初期の状態で認識していないだけで、小さな虫歯や歯周病が芽生えている可能性もあります。
セルフケアの場合、こうした初期の虫歯や歯周病を見つけることは難しく、見えないところの歯垢や歯石を見落としてしまう可能性もあるのです。

予防歯科の場合には

予防歯科はお口の健康を保つための様々な措置をいいます。
例えば歯科健診のようにお口の状態を確認することだけでなく、歯垢や歯石を除去するクリーニングなども予防歯科の一環です。
歯医者さんでは、こうしたお口の中に生じる虫歯や歯周病の基となるものの除去はもちろん、毎日のオーラルケアについてのアドバイスを行っています。
一生自分の歯を守るには、歯医者さんだけのケアでは足りず、やはりご自身でのケアも重要なのです。
そのため自分なりのセルフケアが正しく行われているのかということも確認してくれます。
歯医者さんと併用して行う予防歯科の場合には、自分のオーラルケアの確認も行えるということです。
今まで行ってきたケアが正しいか、答え合わせができるというメリットも予防歯科にはあります。



ページ
先頭へ