歯は一生もの!予防歯科の重要性

予防歯科の基本を学ぼう

予防歯科とは何か

歯は一生ものです。
自分の歯でいくつになっても生活できることは、何よりの健康維持になります。
歯はものを食べるためだけでなく、様々なところで私たちの生活を支えているのです。
例えば歯を食いしばるという表現があります。
私たちは何かを我慢するとき、また力を入れるとき、実際に歯を食いしばっているのです。
歯を食いしばることで、力はより強く発揮され、自分の力以上の結果を生むことがあります。
トップアスリートにとって、自分のパフォーマンスをより高く表現するため、歯の重要性が高いとされています。
それだけ歯はものを食べる以外にも大切な存在ということです。
歯を守るためには、日々のオーラルケアが欠かせません。
ただし、セルフケアだけでも足りないことはご存じでしょうか。
一生歯を守りたいと思うなら、自分だけで行うセルフケアだけでなく、専門家である歯医者さんでの予防歯科も加えてこそ、本当のオーラルケアといえるのです。
それだけ重要性の高い予防歯科。そもそも予防歯科とはどんなものでしょうか。
予防歯科という表現は、以前から使われてきた言葉なのですが、より一般的になったのが最近です。
歯の重要性、オーラルケアの重要性が以前よりもクローズアップされるようになり、より良いオーラルケアの方法として、予防歯科が注目されるようになりました。
そんな注目度の高い予防歯科、具体的にどのような措置をいうのか、またセルフケアとの違いとはどんなところにあるのかについて解説します。
予防歯科を続けると得られるメリットも併せてご紹介します。
今までセルフケアだけを続けていたという方はもちろん、予防歯科に興味があるという方も是非、参考にしてみてください。


ページ
先頭へ